福祉用具についてWELFARE EQUIPMENT

  • 福祉用具レンタル
  • 福祉用具販売
  • 住宅改修

福祉用具レンタルRENTAL

介護される方の状態の軽減や悪化を防ぎ、介護する方の負担を軽減するため、介護保険を利用してレンタルすることができます。

福祉用具レンタルイメージ

対象者 介護保険の認定を受けている方
自己負担額

1割(2割・3割)所得による

※利用上限額を超える場合は、超過料金の全額が自己負担となります。

※介護保険適用外になった場合は、レンタル料金が全額、自己負担となります。

レンタルの流れ

01

ご相談

相談員が、福祉用具選定について打ち合わせをします。

02

福祉用具の納入/設置/説明

身体状況・環境に合った福祉用具を設置いたします。事前にお試ししていただけるので、安心してお使い頂けます。

03

ご契約

レンタル契約書、重要事項説明書等に署名・捺印を頂きます。

04

モニタリング(定期点検)

3カ月に一度、モニタリング(定期点検)で利用状況を確認させて頂きます。いつでもお気づきの点がありましたら、お申し付け下さい。

福祉用具販売SALE

介護保険の認定を受けている方は、年間10万円まで特定福祉用具購入費が支払われます。購入をご希望の場合も、ご相談下さい。

福祉用具販売イメージ

対象者 介護保険の認定を受けている方
自己負担額

毎年4月からの1年間で10万円のうち
1割(2割・3割)所得による

※上限を超えた場合は、超過料金の全額が自己負担となります。

特定福祉用具販売の流れ

01

ご相談

相談員が、福祉用具選定について打ち合わせをします。

02

ご購入

身体状況・環境に合った福祉用具を納品致します。

03

各市町村へ申請

各市町村の窓口へ代行申請させて頂きます。

04

市町村より支給

市町村よりお客様ご指定口座へご購入金額の9割(8割・7割)が支払われます。(支給利用限度額内に限る)

※市町村により、申請方法が違う場合がございますので、当社までお問い合わせください。

住宅改修REFORM

手すりや扉の取り替え、床の段差の解消など、介護保険を利用した住宅改修工事について、まずはご相談下さい。
最適なご提案から、支給申請に必要な書類の作成、代行申請のお手伝いをさせて頂きます。

住宅改修イメージ
住宅改修イメージ
住宅改修イメージ

対象者 介護保険の認定を受けている方
自己負担額

上限20万円のうち
1割(2割・3割)所得による

※上限を超えた場合は、超過料金の全額が自己負担となります。

住宅改修の流れ

01

ご相談

相談員が、住宅改修について打ち合わせをします。

02

家屋訪問

普段の生活・実際に行われている動作・介護用品も含め住宅改修場所の確認をします。

03

各市町村へ事前申請

各市町村の窓口へ代行申請。

04

工事着工

施工をします。

05

各市町村へ事後申請

各市町村の窓口へ代行申請。

06

市町村より支給

各市町よりお客様のご指定口座へ工事金額の9割(8割・7割)が支払われます。(支給限度額内に限る)